スキンケア

むだ毛の処理をすると肌がカサカサになる

あたしはむだ毛のお手入れが好きではありません。

それはむだ毛の処理をすると肌がカサカサになるからです。

どういったお手入れをしてもお肌が荒れてしまうのである時期はムダ毛のお手入れを止めていたこともありました。

ムダ毛のお手入れ法としてわたしはカミソリをいつも使います。

毛ぬきでお手入れするのはマユだけなので、体のむだ毛はほぼかみそりでお手入れしています。

剃刀を使わずにムダ毛のお手入れをするとなると、除毛クリームで毛を溶かすとか、毛をクルクルとこするというか摩擦して根元から切るというような方法がありますが、わたしはこれらの肌に刺激がある方法は好まないのです。

やっていて怖いですし、ムダ毛処理が済んでもお肌が赤くなってしまうのは避けたいです…。

肌がズキズキすると心配になってお風呂に入るのも怖いし、ボディーソープで体を洗うのも躊躇します。

お肌を刺激しそうなことをすると後々酷いことになるのです。

ですので安全剃刀をそっと使ってむだ毛を処理しています。

かみそりをそっと肌の上を滑らせても稀に肌が荒れてしまうこともあって苦手なのです。

むだ毛の対処時に用いる除毛アイテムの「除毛クリーム」というのは肌に安心な成分で出来上がっているんですかね?

除毛用のクリームって人によって肌に合わないこともあってそんな風になると肌がかぶれたりしますよね?

これって肌に悪いのではありませんか?

炎症を起こしたり、赤くなったりするって事はお肌が何かアレルギー的な反応を引き起こしているって事だと思うのです。

そう思うとその薬剤って皮フに優しくないモノではないのかと気になるのです。

毛剃りやピンセットでの対処は皮膚へ悪影響が出やすく肌荒れの原因になるらしいのです。

だったら脱毛クリームのように肌負担が軽いアイテムでの処理がいいと友だちにアドバイスをもらったのですが、炎症を起こすこともあるという除毛剤もお肌に悪そうな感じがします。

実際に脱毛剤ってお肌に悪影響は出ませんか?更にはカミソリや毛抜きでの処理と比べてお肌に刺激がすくないというのはウソではないのでしょうか?

とても気掛かりなのでこの謎をすっきりさせたいです。

恋人の為にも脱毛処理を行いたい

あたしには2コ上の彼氏がいます。

その恋人の為にも脱毛処理を行いたいと望んでいます。

脱毛していない現段階では両わきが少し汚れた感じです。

だってムダ毛処理のせいで色素沈着が起きていて、絶対に脇が露出するような洋服が着れません。

汚い両脇は隠しておきたいので、着れないんです。

けれどワタシのボーイフレンドはカノジョに自分好みの格好でいてほしいっていう思いが大きい人なんです。

それも袖のないトップスがお気に入りなので、むだ毛と黒ずみがあるのは困るのです。

それに頭を痛めているので、あたしは美容脱毛を受けたいと考え始めました。

彼の要望に応えたくってワタシは脱毛施術を受けるつもりです。

現在は何処にお願いするのかも考えていませんが、今後精査して行こうと思っています。

脇を綺麗にして彼氏が好きな衣服が似合うステキなガールフレンドになりたい!それが最近一番の願望なのです。

脱毛完了までには長い期間が掛かるみたいなので、すぐには無理だけど頑張って脱毛処理をやってもっともっと交際相手に愛されたいものです。

あたしは脱毛を受けたいと結構まえから迷っています。

だけど足を踏み出せずにいます。

なにが気になるって最初の脱毛相談の回のことなんです。

わたしはこの「脱毛相談の回」でどの様な流れになるのか分からなくて心配なんです!ムダ毛量が凄いので以前から嫌な思いをしたことは幾度となくあります。

これを持ち出す必要があるのかもと考え出すと、大分尻込みしてしまいます。

友だちから脱毛というのはまず相談や説明をする回があるって説明されましたが、何をするのか知らないのでおそろしいです。

これに延々と考え込んでいてどうにも重い腰が上がらないのです。

自分が訪れようと考えているのは脱毛サロンなのです。

脱毛サロンとクリニックでは脱毛カウンセリングで行うことに違いがあるのかしら?更にはどんなことを問われるのかということも先に把握しておきたいです。

これが不明のままではなかなか思い切って予約できません。

それはそれは臆病な性格なので、どんな話をするかって事がハッキリしていないとビビってしまい足を運ぶ気になれないんですよ。

脱毛施術を施すまえの脱毛カウンセリングでどの様な事柄を話すのか絶対に教えてほしいのです!

「むだ毛が大量だから」という理由で

2回続けて私はカレシに振られてしまいました。

同じ理由で振られてしまいました。

ですからとっても哀れなのです。

私が彼氏にどうして振られたかというのが、「むだ毛が大量だから」といったことです。

このせいで私自身は良くない方のギャップで上手い事いかないのです。

どうやら私自身は見た感じが清純そうらしいのです。

私自身が言うのもおかしいのですが、どちらかと言えば男の人から好かれます。

そんな私が振られてしまう理由は見た目とギャップがあるからです。

見た感じは純粋な女性という印象のある私には悪いところがあるのです。

それというのは濃いむだ毛なのです。

まっ白なお肌にまっ黒いむだ毛。

この差が良くないみたいで、毎回「無駄毛が濃いからギャップを感じる」と言われてしまいます。

これのおかげで二回連続彼に別れを告げられました。

相手の方からコクって来たのに振るのです。

ホントにこのむだ毛が嫌です。

悪いギャップだと知り合いからも言われているので、いっそのことサロンでむだ毛を根こそぎ駆除しようかなと思ってるところです。

昨日夫からヒゲ伸びてるよ。

と言われて、かなり恥ずかしかったです。

慌ただしくてほったらかしだったのですが、男の人って見ていないと思っていても見ているようです。

「ママになったけど綺麗にしていてね」といわれハッとしました。

子どもを産んだばかりで、ムダ毛も濃くなっているのでいつも以上に気になったみたいです。

鏡をのぞいてみると、やっぱり髭は生えているし、マユ毛もつながっていて自分で目にして気を付けなればと思いました。

この状態は女らしさのカケラもないでしょう。

思えば顔のお手入れというものをすることさえ思いつかなかったです。

肌が敏感になっているのかガサガサなので安全剃刀で剃って大丈夫なのか考えてしまいます。

周りの女性はどうしているんだろう。

今年28才で数年後には30歳。

しっかりお肌のケアをしないと10代のようなわけにはいきませんよね。

サロンに行くような暇はないし、自宅用脱毛器を購入するか、普段通りのかみそりで処理しようか、電動シェイバーを買ってみるか迷っています。

自分自身のためだけでなく夫のためにも美しくいられるように可能な限り手をかけていきたいですね。

無駄毛が無い状態まで脱毛したいわけではない

あたしはVラインのムダ毛の脱毛がしたいです。

この場所の無駄毛はとても手間がかかって、下着や水着からはみ出していたら恥ずかしくていたたまれない気持ちになります。

それでちょっとでもむだ毛を少なく脱毛してほしいのですが、無駄毛が無い状態まで脱毛したいわけではないのです。

なぜかと言うとその状態では間違いなく恥ずかしいですからね。

VIOはいくらかまでむだ毛を脱毛して、いい感じの量になったら脱毛を終了させることができると聞きました。

自分が望むむだ毛の量にすることができるみたいです。

だけどここで聞いてみたいのですが、全て脱毛されてないのに半ばで脱毛を終了させてもいいものなのでしょうか?万が一半ばで終わりにしたらいつか生えてくるんじゃないかと気になっているのです。

VIOの脱毛施術は自分が望む毛量でやめることができると教えてもらったのですが、中途半端にやめてしまってまたデリケートゾーンのむだ毛が多くなるなんてことはないのですか?ビキニラインを適当な量で終わりにしてそのままの状態を維持できるのか心配です。

ちゃんと維持することはできるのかしら?と不安に思っています。

わたくしはVIOの脱毛がしたいと検討しています。

だけど多少不安になっている事があります。

何かと言うと痛みが他の脱毛場所と異なるという事なのです。

わたくしはその問題の答えが出たら今すぐにでも脱毛を受けようと考えているのです。

それほど痛みというものが重大な問題です。

無痛のVIOの脱毛ってありませんか?またどこかに無痛に近いVラインの脱毛施設は存在しないのでしょうか?すごく怖いので、痛いのを避けたいのです。

そのための方法があればいくらでも出そうと考えているくらいです。

痛みを伴わないVIO脱毛は無いのでしょうか?国内にないんだったら、海外でも良いと思っています。

痛みのないVライン脱毛が受けたいと心から思っています。

これを叶えてくれる脱毛施設ってないのかなと思っているのです。

無痛の脱毛というのはたぶん簡単にはできないのでしょうが、今存在しないのなら将来きっと作ってほしいと思います。

そして全然痛くない脱毛がしたいです。

まったく痛くないVIO脱毛が存在するのであればすぐに予約を入れたいです。

コラーゲンは肌に浸透していなかった?

先日、ある化粧品会社からダイレクトメールと試供品が届きました。冊子の内容はスーパーコラーゲンの開発に成功したというものでした。

その化粧品メーカーの製品はたまに使うくらいでしたが特に悪い印象はなかったのですが、半信半疑で試供品を使ってみることにしました。さらさらとした感触で物足りないなと思ったのですが、最後にクリームを塗った後に顔を触わってみるともちもちでした。寝るまでの間に何度も触って確かめましたが、寝るまでもちもち、朝起きてもつるつるでした。

冊子の記事によると、今までのコラーゲンはどれも肌に浸透していなかったとのこと。本当なのかは研究者にしか分かりませんが、試供品を4回分使っただけで効果がありましたので信じてもいいと思っています。

今、他のメーカーの30mlで12000円の美容液を使っていますが、いまいち効果が感じられずにいます。試供品の美容液は100mlで3000円。今後、続けていくのはどちらかは考えるまでもないです。

オイルに挑戦

近年話題のオイル購入しました。
顔につけてもいいという高級オイルにはなかなか手が出せませんが・・・
いろいろとショップを回り、自分の好きな香りで伸びがよくって浸透がよくって・・・とこだわって購入してみました。

今までのボディケアはボディクリームやボディバターを全身に塗っていました。
ボディミルクだとやっぱり乾燥しちゃうので、この2つを行ったり来たり。

確かにしっとりするんですが、求めているツヤ感がなんか違うんです。
もっとしっとりとなめらかな肌になりたかったんです。
やっぱり年齢の問題なのかな?とも思いましたが、いいって話題のモノにもチャレンジしてみました。

私にとってはちょっとお高いオイルだったので、けちけちと今までのクリームになじませて混ぜて使っています。
まずクリーム自体の伸びがよくなりました。オイルによって使いやすくなってるんですねー。
本当に本当にびっくりすることですが、塗った翌日には効果が出てました。
もうしっとりしすぎてうれしかったです。

1週間もしないうちに求めていたなめらかさが出てきました。
なめらかになると、お風呂上がりの肌もしっとり保ててるんです。
これってとってもすごいことですよね。
今後ももちろん続けていこうと思います。

本格的な冬に向けての乾燥対策

日に日に寒くなってきました。これから本格的な冬が始まる前に、しっかりと乾燥対策をしなくてはいけません。
私が保湿のために気を付けていることは、まずはしっかりと潤すということです。

洗顔後、すぐに化粧水をつけるようにしているのですが、この時点ではとにかくうるおいを与えるという目的で、プチプラの化粧水をバシャバシャつけています。
そして、体を拭いたり、髪の毛を乾かした後に、今度は濃厚な高保湿化粧水をたっぷりと時間をかけて肌に浸透させるようにつけています。
このように化粧水を重ねづけすることで、しっかりと保湿してあげるのです。

また、たっぷりのうるおいを肌に閉じ込めるため、蓋は欠かせません。
その日の肌の調子や気分によって、クリームもしくは、オイルを使用します。

たっぷりうるおいを与えて、しっかり蓋をする、これが乾燥対策の基本ではないでしょうか。
乾燥はすべての肌トラブルの原因となります。
これから寒さが厳しくなる冬場に向けて、特にしっかりと保湿対策をしていかなくてはなりませんね。

乾燥する冬のスキンケア

私の肌は普通肌で、乾燥の強い冬場は少し乾燥します。

朝洗顔した後、専科の美容液からつくった化粧水(さっぱり)を手でつけます。冬は乾燥している時は2回つけています。もっと潤いが欲しい時は化粧水をコットンに含ませて顔に貼ってしばらくおきます。

化粧水が肌に馴染んだらすぐに同じシリーズの乳液をつけてゆっくり手で覆います。乳液を馴染ませる為1、2分このままでいます。

乳液後は薬用ケシミンクリームをシミが気になる部分によく塗り込みます。最後にDHCのPアップジェルを塗ります。ベタつかないのにお肌がピンとして潤います。

疲れて吹き出物が出てきた時は、DHCのオリーブバージンオイルをプラスします。吹き出物が早く治って跡になりにくいです。

お風呂ではパックをします。お気に入りはDHCの薬用ミネラルマスクです。塗ると少しスーッとスッキリします。塗って5分置くだけなのに、くすみが取れてお肌ツルツルになります。
これと別にたまにDHCの薬用フェーシャルスクラブを使っています。こちらも肌が明るくなります。

日焼け予防でスキンケア対策!

紫外線が肌に与える影響は、シミ・そばかす・くすみなど、女性にとって悪影響を与えることばかりです。肌に与える影響は、年齢は関係なく、将来の肌対策としてもいつ始めても遅くはないものなのです。

紫外線というと、夏の日差しが強い時期、日焼け止めや日焼け対策グッズが多数売られますよね。まずは外出する際の紫外線対策として、日焼け止めはもちろんのこと、目からも紫外線の影響はあるのでサングラスも必要です。また、室内でも窓から入る紫外線は影響するので、室内でも紫外線対策を意識して行いましょう。

しかし、夏が過ぎたからといって、日焼け対策をしなくていいかというとそうではありません。紫外線は一年中降り注いでいるものなのです。

つまり、夏の紫外線対策が必要なように、夏以外でも紫外線対策をおこなうことが良いスキンケアにつながるのです。乳液や化粧下地にもSPFが入っている商品を選んだり、一日の終わりには夏と同じようにしっかりと保湿をおこない、スキンケア対策をしましょう。

産後の肌荒れ

娘を出産して1ヶ月ほどたった時期、肌がボロボロになってしまったことがありました。

母乳をあげていたので、栄養分や水分が足りなくなってしまったり、産後のホルモンバランスの乱れ、また、ちょうど乾燥しだしてきた時期だったこと、花粉症で肌が荒れやすいこたなどたくさんの原因が考えられました。

いつも使用していた化粧水、乳液、美容液では改善がみられず、近くのドラッグストアに行って試せるものは試してみましたが、あまり変化はみられませんでした。

そんな時、たまたま乳液をきらしてしまって、赤ちゃん用に使っていたベビーローションをとりあえず塗っておきました。そのところ、いつも感じていた肌のヒリヒリ感がないことに気付きました。塗り心地もサラッとしていて臭いもないので、しばらく使用してみることにしました。

すると2~3日で肌の赤みに改善がみられ、1週間で粉が吹くくらいだった乾燥が目立たなくなりました。1ヶ月後にはすっかり肌の調子が良くなりました。

それからは化粧水、乳液のあとにベビーローションを塗るのが日課になっています。