スキンケア

コラーゲンは肌に浸透していなかった?

先日、ある化粧品会社からダイレクトメールと試供品が届きました。冊子の内容はスーパーコラーゲンの開発に成功したというものでした。

その化粧品メーカーの製品はたまに使うくらいでしたが特に悪い印象はなかったのですが、半信半疑で試供品を使ってみることにしました。さらさらとした感触で物足りないなと思ったのですが、最後にクリームを塗った後に顔を触わってみるともちもちでした。寝るまでの間に何度も触って確かめましたが、寝るまでもちもち、朝起きてもつるつるでした。

冊子の記事によると、今までのコラーゲンはどれも肌に浸透していなかったとのこと。本当なのかは研究者にしか分かりませんが、試供品を4回分使っただけで効果がありましたので信じてもいいと思っています。

今、他のメーカーの30mlで12000円の美容液を使っていますが、いまいち効果が感じられずにいます。試供品の美容液は100mlで3000円。今後、続けていくのはどちらかは考えるまでもないです。

オイルに挑戦

近年話題のオイル購入しました。
顔につけてもいいという高級オイルにはなかなか手が出せませんが・・・
いろいろとショップを回り、自分の好きな香りで伸びがよくって浸透がよくって・・・とこだわって購入してみました。

今までのボディケアはボディクリームやボディバターを全身に塗っていました。
ボディミルクだとやっぱり乾燥しちゃうので、この2つを行ったり来たり。

確かにしっとりするんですが、求めているツヤ感がなんか違うんです。
もっとしっとりとなめらかな肌になりたかったんです。
やっぱり年齢の問題なのかな?とも思いましたが、いいって話題のモノにもチャレンジしてみました。

私にとってはちょっとお高いオイルだったので、けちけちと今までのクリームになじませて混ぜて使っています。
まずクリーム自体の伸びがよくなりました。オイルによって使いやすくなってるんですねー。
本当に本当にびっくりすることですが、塗った翌日には効果が出てました。
もうしっとりしすぎてうれしかったです。

1週間もしないうちに求めていたなめらかさが出てきました。
なめらかになると、お風呂上がりの肌もしっとり保ててるんです。
これってとってもすごいことですよね。
今後ももちろん続けていこうと思います。

本格的な冬に向けての乾燥対策

日に日に寒くなってきました。これから本格的な冬が始まる前に、しっかりと乾燥対策をしなくてはいけません。
私が保湿のために気を付けていることは、まずはしっかりと潤すということです。

洗顔後、すぐに化粧水をつけるようにしているのですが、この時点ではとにかくうるおいを与えるという目的で、プチプラの化粧水をバシャバシャつけています。
そして、体を拭いたり、髪の毛を乾かした後に、今度は濃厚な高保湿化粧水をたっぷりと時間をかけて肌に浸透させるようにつけています。
このように化粧水を重ねづけすることで、しっかりと保湿してあげるのです。

また、たっぷりのうるおいを肌に閉じ込めるため、蓋は欠かせません。
その日の肌の調子や気分によって、クリームもしくは、オイルを使用します。

たっぷりうるおいを与えて、しっかり蓋をする、これが乾燥対策の基本ではないでしょうか。
乾燥はすべての肌トラブルの原因となります。
これから寒さが厳しくなる冬場に向けて、特にしっかりと保湿対策をしていかなくてはなりませんね。

乾燥する冬のスキンケア

私の肌は普通肌で、乾燥の強い冬場は少し乾燥します。

朝洗顔した後、専科の美容液からつくった化粧水(さっぱり)を手でつけます。冬は乾燥している時は2回つけています。もっと潤いが欲しい時は化粧水をコットンに含ませて顔に貼ってしばらくおきます。

化粧水が肌に馴染んだらすぐに同じシリーズの乳液をつけてゆっくり手で覆います。乳液を馴染ませる為1、2分このままでいます。

乳液後は薬用ケシミンクリームをシミが気になる部分によく塗り込みます。最後にDHCのPアップジェルを塗ります。ベタつかないのにお肌がピンとして潤います。

疲れて吹き出物が出てきた時は、DHCのオリーブバージンオイルをプラスします。吹き出物が早く治って跡になりにくいです。

お風呂ではパックをします。お気に入りはDHCの薬用ミネラルマスクです。塗ると少しスーッとスッキリします。塗って5分置くだけなのに、くすみが取れてお肌ツルツルになります。
これと別にたまにDHCの薬用フェーシャルスクラブを使っています。こちらも肌が明るくなります。

日焼け予防でスキンケア対策!

紫外線が肌に与える影響は、シミ・そばかす・くすみなど、女性にとって悪影響を与えることばかりです。肌に与える影響は、年齢は関係なく、将来の肌対策としてもいつ始めても遅くはないものなのです。

紫外線というと、夏の日差しが強い時期、日焼け止めや日焼け対策グッズが多数売られますよね。まずは外出する際の紫外線対策として、日焼け止めはもちろんのこと、目からも紫外線の影響はあるのでサングラスも必要です。また、室内でも窓から入る紫外線は影響するので、室内でも紫外線対策を意識して行いましょう。

しかし、夏が過ぎたからといって、日焼け対策をしなくていいかというとそうではありません。紫外線は一年中降り注いでいるものなのです。

つまり、夏の紫外線対策が必要なように、夏以外でも紫外線対策をおこなうことが良いスキンケアにつながるのです。乳液や化粧下地にもSPFが入っている商品を選んだり、一日の終わりには夏と同じようにしっかりと保湿をおこない、スキンケア対策をしましょう。

産後の肌荒れ

娘を出産して1ヶ月ほどたった時期、肌がボロボロになってしまったことがありました。

母乳をあげていたので、栄養分や水分が足りなくなってしまったり、産後のホルモンバランスの乱れ、また、ちょうど乾燥しだしてきた時期だったこと、花粉症で肌が荒れやすいこたなどたくさんの原因が考えられました。

いつも使用していた化粧水、乳液、美容液では改善がみられず、近くのドラッグストアに行って試せるものは試してみましたが、あまり変化はみられませんでした。

そんな時、たまたま乳液をきらしてしまって、赤ちゃん用に使っていたベビーローションをとりあえず塗っておきました。そのところ、いつも感じていた肌のヒリヒリ感がないことに気付きました。塗り心地もサラッとしていて臭いもないので、しばらく使用してみることにしました。

すると2~3日で肌の赤みに改善がみられ、1週間で粉が吹くくらいだった乾燥が目立たなくなりました。1ヶ月後にはすっかり肌の調子が良くなりました。

それからは化粧水、乳液のあとにベビーローションを塗るのが日課になっています。

今使っているプチプラコスメの紹介

ついつい色んなコスメ試してみたくなってしまうのですが、良いものは残る!ということで、過去、使用して良かったもの、現在使用しているプチプラコスメをご紹介させて頂きます。

 

【過去】
◎クレンジング…ウォッシャブルコールドクリーム(ちふれ)

◎洗顔…天使の優しさ(ラッシュ)
パワーマスク(ラッシュ)

◎化粧水…純米水 しっとり化粧水 (美人ぬか)

 

【現在】
◎クレンジング…化粧落とし(はしかた)

◎洗顔…うるおい泡洗顔(はしかた)

◎化粧水…美白化粧水(はしかた)

 

最近友人のオススメで、はしかた化粧品のものを使用し始めたのですが、泡洗顔500円、化粧水1000円、リップクリーム100円、美容マスク1枚100円…と、とてもお安いです。泡洗顔はモチッとうるおいが残り、化粧水も程よくしっとりして私は好きです。

 

◎下地クリーム…フタアミン

私は乳液が合わないので、夜、化粧水後にフタアミンクリームを、朝は薄っすら顔に塗り下地代わりに、その他かかとや乾燥しているところに塗ったりとなんでも使えるので長年愛用しています。

あとは毛穴ひきしめ用として、アストリンジェント化粧水もリピート使用しています。アメリカの家庭で常備品として愛されているロングセラー商品のようです。
ネットで購入できるので便利です。

肌がプルンとなる成分

スキンケアの化粧品やお肌うるおしてくれそうな健康食品の広告、女性にとって魅力的ですね。
ヤフーのトップページの右上やサイト検索しての小さな右下の枠など、熟年肌なら20代や30代よりも興味深いものになります。

女性の画像とともに「これで○○歳?」などというキャッチフレーズ。
この化粧品使っていたらホントにこんなにキレイでいらるかなとクレッションマークだったりしますが。

最近みたものの中ではプラセンタ、66歳という女性の画像はほほえみつつ、シミがひとつもないというようなお肌でした。
画像アップしてみると目のところなどは66歳らしい柔和な肌になっていますが、そのきれいさから50代なかばくらいと言ってもいいくらい。

それから、使ったらお肌にハリがピーンとしますなんて書き込みのジェル、さっと使っただけではそんな効果なんてと思ってました。
これ以外の肌ケアや食事のバランスも必要なことだけれど、お試しで一回分としてみたらけっこうよい効果になりそうというような感じをもちました。

肌の内側のケア

スキンケアで大切だなと思うことは肌の内側のケアだと思います。
もちろん一番目立つ表面のケアというものは大事ですが、全体の中で表面のケアというのは2割程度しか占めないと思います。

肌の内側のスキンケアは8割型を占めているので、顔を内側からきれいにしていくことはとても大切だと思います。

植物で根っこが腐っている状態で水や栄養剤をあげても育ちません。
それと一緒でスキンケアも内側がよくない状態なのに、いい化粧品を使っても改善されるところには限界があります。
それなので、しっかり肌の内側をよくしていくことがとても大切です。

具体的にしていくこととして、しっかりとビタミンCを始めとする、色々な栄養をとっていくことです。
野菜やフルーツを食べることは必須ですが、それだけでは補えないので、サプリメントをとった方がより効果的だと思います。

今の野菜やフルーツは栄養価が昔に比べて落ちているので、その分をサプリメントで補うことで、肌の内側にいい栄養を与えることができて、スキンケアをする上で肌の内側をしっかりとさせることで、ちゃんとした肌の土台ができて、いい肌になります。

洗顔のポイント

日々のスキンケアは朝夜合わせて2時間くらいかけて行っています。
特に大切にしているのは洗顔。

クレンジングは、最初にアイメイクやリップなどのポイントメイクを専用のリムーバーとコットンでオフします。
そうすることでベースメイクは軽めのオイルフリータイプのクレンジングで優しく落とすことができます。

洗顔料は「ロゼット洗顔パスタ」シリーズの「ガスールブライト」がお気に入りで、数年前から何度もリピートしています。
モロッコ産のガスールとアルガンオイルが練りこまれたペーストをぬるま湯で濡らしたネットで泡立てると、きめ細かくしっかりとしたモコモコ泡の出来上がり。
顔に乗せたらとにかく手で肌を擦らないように、毛穴の奥の汚れを泡で絡めとっていくイメージで洗っていきます。

ニキビができやすい髪の生え際や小鼻は念入りに。
そのあとぬるま湯ですすぎます。
冷たい水だと毛穴が引き締まってしまってきちんと汚れが落としきれなくなるから注意。

洗顔料の洗い残しもニキビの原因になるので、首元までしっかりと流すことが大切です。
少し時間がかかりますが、このような手順で丁寧に洗顔を行うようになってから、毛穴が小さくなり肌のキメが整ってきました。